UVのコーティングをしよう|メリットを伝授

工事の種類と資格

ブレーカー

資格がなければ工事は不可

電気工事を大阪で請け負う業者は、電気工事の国家資格を持っています。中でも電気設備の保安監督にもなれるオールマイティな資格が主任資格者です。多くの有資格者が一定以上の電気が使われる大阪の建設現場や電力会社、ビル管理業務などに就いています。また、1種から3種があり、監督できる範囲が異なります。そして、大阪の建設現場で電気工事を行っているのは施工管理技師という有資格者です。1級と2級があり、建築設計図を下に電気施工計画から工事の施工管理まで一貫して行います。住宅や店舗などで電気工事を行っている人の多くは工事士の有資格者で、1種と2種があります。そして大阪で行われている主な電気工事は、電源設備工事、幹線設備工事、動力設備工事、電灯設備工事、弱電設備工事です。一般的なのは電源設備工事で、これは家庭や企業に電気を引き込む工事です。低電圧の一般家庭では電線から電力を引っ張る架空引込という工法で、高電圧の工場やビルの場合は地中を経由する地中引込という工法も使われます。幹線設備工事は、電力会社から供給先までの配電経路を考え、電力の容量を算出して設計と施工を行う工事です。それから、エレベーターや空調機などを設置する際に過電流が起こって異常な発熱が発生しないよう運転制御などの設備を敷設する工事が、動力設備工事に当たります。また制御盤とコンセント、分電盤を取り付けたり配線工事を行ったりするのが電灯設備工事で、電話やコンセントなど100v未満の設備敷設工事が弱電設備工事です。

Copyright© 2017 UVのコーティングをしよう|メリットを伝授 All Rights Reserved.